単科講座TOPへ (単科講座は、社会人の方や、大学生のダブルスクール等のための講座です。)
東京CPA会計学院トップ
CPAビジネスゼミナール CPA会計士ゼミナール 学校紹介
CPA税理士ゼミナール
資料請求
税理士
 

講座の特色
全日制クラスのご案内

試験情報

基本情報
受験アドバイス

試験情報

通学講座受講方式
税理士入門パック講座
税理士本講座/受講料金

試験情報

特色
税理士通信本講座
税理士通信入門パック講座

 

単科講座ホーム > 税理士〜講座の特色


「できる」税理士を育てる 実社会で活躍できる税理士の育成

税理士試験合格はあくまでも通過目標

今日、全国の税理士は7万人を超える規模に至り、
さらに、税理士法人制度や会計参与制度のように業務形態等も広がりを見せています。
しかしながら、税理士業界を見渡してみると、試験に合格していても(受験テクニックに偏った学習の弊害等により)、実務で仕事がこなせない人が実は多く見受けられます。
もう既に「資格さえあれば安泰」という時代ではなくなっているのです。
資格取得はあくまでも通過目標にすぎません。
実務では、学習で培った能力をいかに活用できるかが問われるのです。
その点、全ての講座を通じて「実社会で有用たる人材の育成」を目指す当校では、単に合格するためだけのものでなく、税理士として活躍するための能力を養うべきと考え、テクニックではなく、本質を正しく押さえる講義を実施しています。
当校は創設以来、独自の教育プログラムによって数多くの税理士合格者を輩出してきました。
その合格者が会計・税務の業界でプロフェッショナルとして第一線で活躍し続けています。
これは当校の指導方針が結実したものであると自負しています。

「できる」税理士を育てる 実社会で活躍できる税理士の育成

適正規模による指導
適正規模だからこそ可能なきめ細かなフォロー体制

出題範囲が広く、ボリュームも多いため、とかく長期戦になりがちな税理士試験ですが、長年に渡るCPAの指導経験から、「適切な講義を受けた上で、多くのアウトプット演習を重ね、答案作成能力を高める」ということがもっとも適切な学習スタイルと言えます。それには、講義時に内容を正確に吸収することがまず必要ですが、さらに、学習方法の指導を受け、合格に向かって素直に学習することが肝要です。学習方法は受講生自らが気づいて修正することは非常に困難であり、難関な試験であればこそ、指導者側が方向性を示していくべきなのです。つまり、講師が受講生一人ひとりに合った学習方法やプランに関して、どれだけ的確なアドバイスを提供できるか、ここが合否を左右する重要なポイントなのです。しかし、大規模スクールではそのようなフォローが困難な状況です。CPAでは、適正規模の学習環境を整えることによって、個々の受講生への細かな対応を心掛けています。みなさん最初は全く分からない学習内容です。個々の受講生の理解度合いは大きく異なり、時には理解しにくい項目に悩むかもしれません。そんな時に陥りやすいのが、「悩んで時間を浪費」、「誤った解釈で納得」、「半ば強引に暗記する」など、正しい学習方法を阻害することばかり。それに対して最も効果的な方法が「質問」です。CPAは適正規模だからこそ、受講生からの質問に対して担当講師が迅速かつ丁寧に対応することができるのです。

 

短期合格を第一に
短期間で実務へ羽ばたけるように徹底指導

経済が日々大きく変革している今日、経営のアドバイザー・プランナーである税理士には多様なスキルが求められています。したがって、「できる税理士」を目指す方は、試験を短期間でパスし、少しでも早く実務に就き、より多くのスキルを身につける必要があります。そのために短期合格を実現する、効率的かつ充実したカリキュラムが必要となるのです。
CPAでは、短期合格を果たすために以下の2つの方針を掲げています。
1.1年間で基礎から合格レベルまでの一貫指導を実現
2.インプット・アウトプットを密接にリンクさせ、知識を確実に定着

信頼の講義
受講生の信頼を得つづけるためのたゆまぬ努力

毎年のように改正される税法科目はもとより、会計諸規則も大きく変貌を遂げ、簿記論・財務諸表論においてもその変遷に注意する必要があります。CPAの講師陣は、日々、税法や会計諸規則等の改正情報を注視しており、最新の情報を即座にキャッチアップし、講義・答練・カリキュラムへ的確に反映しています。特に大改正があるときには、受験生の負担も大きいものとなります。限られた時間内で改正内容をいかにコンパクトにまとめ、要領良く指導するか、講師陣の腕のみせどころです。もちろん、改正対応ばかりでなく、通常の学習項目であっても、受講生の「声」を集め、日々の講義進行を常に見直し、最良の講義資料・答案練習の提供をすべく、その改善を怠ることはありません。

充実したカリキュラム
アウトプットに力を入れる実践的カリキュラム

「1年で合格」を目標とし、1年間で基礎から合格レベルの学力を養成するために「基礎期」、「応用期」、「直前期」の3期に分けた短期特訓型のカリキュラムを設定しています。講義進行も学習項目を区切り、日々の講義ごとにポイントを押さえることが可能。さらに、徹底したアウトプット演習を密接にリンクさせ、効率的かつ効果的な学習を実現します。特にアウトプットには重点を置き、時間をかけ、講義ごとにミニテストや練習問題を実施し、答案を書くことで知識の定着を図りながら、迅速な処理能力も養成します。また、ここでは本試験での答案作成の要である「試験委員の先生方に読んでいただく」ということを意識し、読みにくく伝わりにくい自己満足的な答案にならないように注意が必要です。頭の中で理解していることを伝えるためには、答案作成テクニックも要求されるのです。充実したアウトプット演習で「合格する」答案の作成方法を学んでください。

実践的な内容を提供
合格後にも活きる実践的学習内容

税理士試験の狭き門をクリアするため、「試験対策」や「合格するためのテクニック」に偏重しがちですが、真に必要なのは実社会に出て、税理士として活躍するための能力です。CPAでは、試験対応テクニックは当然として、さらに実践的な学習内容を講義に織り込み、優れた税理士を育成するカリキュラムを提供しています。さらに、分かりやすさとレベルの高さという2つの背反しがちなテーマの融合を実現。講義の内容は単なる知識の押しつけではなく、知識の体系、理論構造や考え方を重点的に伝えるようにして、理論の体系的な理解を促進しています。

このページのTOPへ

Copyright (c) Tokyo CPA Accounting College All Rights Reserved.